【横浜関内店】サンダルとタコ・魚の目の関係

2024年06月18日

夏の季節になると、サンダルを履く機会が増えますよね。

涼しさや快適さを求めて多くの方が愛用されるかと思います。

しかし、その利便性とは対照的にサンダルが原因で足裏のタコや魚の目が発生することがあります。

サンダルを履くと魚の目(足のタコ)ができやすくなる原因として、以下のような要因が考えられます。

タコ、魚の目ができてしまう原因

  1. 圧力と摩擦: サンダルは裸足に近い状態で履くことが多いため、足とサンダルの接触部分に圧力と摩擦が集中しやすいです。特にストラップやベルトの部分が足に強く当たることで、特定の箇所に圧力がかかりやすくなります。
  2. クッション性の不足: 一部のサンダルはクッション性が少ないため、歩行時の衝撃を吸収しきれません。これにより足の特定の部分に負担がかかり、魚の目ができる原因となります。
  3. サイズの問題: サンダルが足に合っていない場合、特にサイズが大きすぎると足がサンダル内で滑りやすくなり、摩擦が増えます。逆に小さすぎる場合は圧力が集中しやすくなります。
  4. 足の形状や歩き方: 個々の足の形状や歩き方によっても、魚の目ができるリスクが変わります。足のアーチの高さや歩く時の重心のかかり方などが関与します。

魚の目を予防するための対策

  1. 適切なサイズのサンダルを選ぶ: 足にしっかりフィットするサンダルを選び、足が動かないようにすることが重要です。
  2. クッション性のあるサンダルを選ぶ: 足への衝撃を和らげるために、クッション性の高いインソールが付いたサンダルを選ぶと良いです。
  3. 摩擦を減らす: 足とサンダルの間にパッドやクッションを使用することで、摩擦を減らすことができます。
  4. 休憩を取る: 長時間サンダルを履き続けることを避け、適度に休憩を取り、足をリフレッシュさせることも効果的です。
  5. 足のケア: 足の皮膚を保湿し、硬くならないようにすることも魚の目の予防につながります。定期的に足の角質をケアすることも大切です。

タコ・魚の目ケア

タコや魚の目ができてしまった場合は、適切なケアを行うことで、症状の緩和や改善が期待できます。

当院では硬くなったタコ、ガサガサかかと、魚の目の除去の施術を行なっております。

魚の目は専用のマシンで痛みの元の芯を削り取っていきますので、

その日に痛みが改善される方もいらっしゃいます。

お手入れ後もすぐ歩いてお帰りになれますのでご安心ください。

夏のサンダルは快適でおしゃれなアイテムですが、足のトラブルにつながる場合があることを忘れずに。

当院のクチコミも参考になさってくださいね。

ご予約はこちら🔽

【巻き爪補正店 横浜関内店】

・アクセス

〒231-0015

神奈川県横浜市中区尾上町5-69

KIT関内ビル 4階B

(茶色いレンガのビル)

地下鉄関内駅から徒歩1分/JR関内駅から徒歩5分/馬車道駅から徒歩6分

・お問い合わせ/ご相談

LINE ID: @070kvwcs

℡📞 050-8886-7756

・営業時間

月~土10:00~19:00,日・祝10:00~15:00

・定休日  不定休

6月: 17(月),27(木)

7月: 1(月),8(月),16(火),24(水),29(月)

#巻き爪 / #陥入爪/ #肥厚爪 / #変形爪 / #角質

 / #タコ / #魚の目 / #副爪 /に悩んでいる方!

ぜひ、高技術の巻き爪補正店へお問い合わせください。

#巻き爪痛い #巻き爪ケア #巻き爪改善 #巻き爪治療 #巻き爪矯正 #巻き爪補正 #巻き爪カット #足裏角質ケア #足裏角質除去 #魚の目痛い #角質除去 #爪甲鉤彎症  #関内 #横浜 #横浜関内

#魚の目ケア #小指痛い #フットケア #深爪

#ネイル #ネイルケア #フットケアサロン #巻き爪サロン

#巻き爪補正店 #巻き爪補正店横浜

関連記事