【横浜関内店】外反母趾から巻き爪に

2024年06月13日

外反母趾から巻き爪に?

外反母趾(がいはんぼし)は、母趾(足の親指)が外側に曲がり、足の内側に痛みや腫れを引き起こす状態です。この状態は、歩行や日常生活に大きな影響を与える可能性があります。以下に、外反母趾が引き起こす足のトラブルとその影響について詳しく説明します。

外反母趾からの足のトラブル

  1. 痛みと炎症: 外反母趾の最も一般的な症状は、母趾の関節部分の痛みと炎症です。靴を履くときや歩くときに特に痛みが増し、日常生活に支障をきたすことがあります。
  2. バニオン(骨の突起): 母趾の関節部分に骨の突起が形成されることがあります。バニオンは靴の中で擦れることでさらに痛みを引き起こし、炎症を悪化させることがあります。
  3. 巻き爪: 外反母趾が進行すると、母趾の圧力が変わり、巻き爪が発生しやすくなります。巻き爪はさらに痛みを伴い、感染のリスクも高まります。
  4. 足の変形: 長期間の外反母趾は、他の足の指や関節にも影響を及ぼし、足全体のバランスが崩れることがあります。これにより、歩行が不安定になり、他の部位にも負担がかかります。
  5. 歩行困難: 外反母趾が進行すると、痛みと変形により正常な歩行が困難になります。これにより、運動不足や体重増加、さらには他の関節(膝や腰)への負担が増加します。

外反母趾の影響

  1. 生活の質の低下: 持続的な痛みと歩行困難により、日常生活の質が低下します。例えば、買い物や散歩などの基本的な活動が制限されることがあります。
  2. 精神的なストレス: 継続的な痛みと不快感は、精神的なストレスや不安を引き起こすことがあります。特に、長期間にわたる場合、うつ症状を伴うこともあります。
  3. 二次的な健康問題: 外反母趾が原因で運動不足になると、心血管系疾患や肥満、糖尿病のリスクが高まる可能性があります。また、歩行のバランスが崩れることで、転倒や怪我のリスクも増加します。

予防と対策

  1. 適切な靴選び: 外反母趾の進行を防ぐためには、足に合った広めの靴を選び、母趾に過度な圧力がかからないようにすることが重要です。
  2. 足のストレッチと運動: 足の筋肉を強化し、柔軟性を保つために、定期的なストレッチや運動を行うことが有効です。
  3. 専門家の相談: 痛みや変形が進行する場合は、早めに医師や足の専門家に相談し、適切な治療やサポートを受けることが大切です。

外反母趾は、適切なケアと早期の対策により、影響を最小限に抑えることが可能です。日常の注意と専門家の助言を活用し、健康な足を維持しましょう。

巻き爪でお悩みの方は専門店

巻き爪補正店横浜関内店にご相談ください。ホームケアについてもアドバイスいたします。

当院のクチコミも参考になさってくださいね。

ご予約はこちら🔽

【巻き爪補正店 横浜関内店】

・アクセス

〒231-0015

神奈川県横浜市中区尾上町5-69

KIT関内ビル 4階B

(茶色いレンガのビル)

地下鉄関内駅から徒歩1分/JR関内駅から徒歩5分/馬車道駅から徒歩6分

・お問い合わせ/ご相談

LINE ID: @070kvwcs

℡📞 050-8886-7756

・営業時間

月~土10:00~19:00,日・祝10:00~15:00

・定休日  不定休

6月: 17(月),27(木)

7月: 1(月),8(月),16(火),24(水),29(月)

#巻き爪 / #陥入爪/ #肥厚爪 / #変形爪 / #角質

 / #タコ / #魚の目 / #副爪 /に悩んでいる方!

ぜひ、高技術の巻き爪補正店へお問い合わせください。

#巻き爪痛い #巻き爪ケア #巻き爪改善 #巻き爪治療 #巻き爪矯正 #巻き爪補正 #巻き爪カット #足裏角質ケア #足裏角質除去 #魚の目痛い #角質除去 #爪甲鉤彎症  #関内 #横浜 #横浜関内

#魚の目ケア #小指痛い #フットケア #深爪

#ネイル #ネイルケア #フットケアサロン #巻き爪サロン

#巻き爪補正店 #巻き爪補正店横浜

関連記事