陥入爪は巻き爪より厄介?

2022年07月10日

巻き爪補正店Group

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

本日の内容は「陥入爪は巻き爪より厄介」について解説していきたいと思います。

是非、最後までご覧いただき学んでもらえたらと思います^^

 

そもそも巻き爪と陥入爪について簡単にお伝え致します!

巻き爪

巻き爪は字の通り、爪が巻いて皮膚を刺す形状となります。

爪が時間とともに徐々に巻きます。

陥入爪

陥入爪は一見、爪が巻いているように見えませんが、爪のサイドがホチキス状となり皮膚に沈み混んで刺す形状となります。

 

上記の画像で比較しても形状がわかりやすいと思います。

どちらも皮膚を刺すので痛みを伴いやすいですが、

実は陥入爪ほうが厄介なのです、、、

陥入爪は化膿や炎症が出やすい

巻き爪、陥入爪ともに進行性の爪のトラブルとなります。

放置する事で徐々に進行し、巻きの状態が強くなります。

ただ、巻き爪は重度になればなるほど痛みを伴わなくなるケースもあるのです。

その理由として爪サイドのベクトルの方向です。

痛みの原因は爪のサイドが皮膚を刺す事が原因で痛みがでます。

重度の巻き爪になると爪サイドが真横に向くので、加重が加わっても皮膚を刺激しにくくなるのです。

陥入爪は巻き爪と違い爪サイドのベクトルが下を向いているので、加重により

常に皮膚を刺激し続けて、皮膚が傷つき炎症や化膿してしまうのです。

 

上記のことから巻き爪より陥入爪方が厄介なのです、、、

形状が違くても放置は厳禁

巻き爪・陥入爪の形状が違えども爪が皮膚を刺している事には変わりなく、

いつ炎症や化膿がでるかわかりません。

痛みが少しでも出来てきた時には、爪が皮膚を傷つけている事になります。

その場合は放置しないで直ぐに専門店へご相談する事をお勧めします。

重度になった巻き爪や陥入爪は治療も難渋し、多くの期間と費用がかかってしまいます。

巻き爪・陥入爪は早期行動と治療が大切となります。

 

巻き爪・陥入爪でお困りの方は巻き爪補正店Groupにご相談ください。

https://tokyo-makizume.com/

 

本日もブログを見ていただきありがとうございました。

あなの街の巻き爪補正店Group

 

 

 

痛くて爪を切り込む前に見て!

2022年05月28日

こんにちは、巻き爪補正店Groupです。

 

足の爪、痛いからといって自分で深く切り込んでいませんか!?

切り込むと一時的に痛みからは解放されると思いますが、

足の爪の角は斜めに切ってしまうと、余計に巻いてしまうんです・・・

 

そう、自分で巻き爪を作っているんです!!!

 

例えばこんな爪

向かって左角を痛くて何回も自分で切り込んでしまっていたそう・・・

横から見ると

お肉に爪が食い込んでしまっていますね

陥入爪という爪になってしまっています

爪の角を切り込んでしまうと、歩くときに指先のお肉が盛り上がってしまい

爪がどんどんお肉の中に埋もれていってしまいます

そうすると爪が肉の中で成長する事になってしまい、痛みや炎症

酷いときには肉芽になってしまいます

これを防ぐ為にはまず、爪切りで切り込まない××

そして巻き爪補正をしましょう!

 

補正をして6ヶ月後・・・

正常な爪の形へ伸ばす事が出来ました!!!

横から見ると

もう食い込んでないですね!!

巻き爪・陥入爪の痛みから解放されるには、まずは切っちゃダメ!!

今すぐ爪切りを置いて、サロンへお急ぎください(@^^)/~~~

 

https://tokyo-makizume.com/