梅雨といえば湿気、湿気といえばカビ、カビといえば爪も!?

2022年07月16日

 

梅雨にはいり毎日じめじめ

洗濯ものは乾かないし、お風呂場にはカビが生えやすくなるイヤな時期ですね((+_+))

そして実はカビって皮膚や爪にも感染するのはご存知でしょうか?

 

えっ?とお思いの方も多いと思います。

ですが我々人間には常にカビと一緒に生きています。

その中でも悪さをするもの、害のないものと沢山種類があります。

皮膚や爪に悪さをするので有名なのが白癬菌、カンジダ菌というものです。

 

白癬菌はよくご存知の水虫と呼ばれるものになります。

(但し部位によって名称が異なります)

カンジダ菌も聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

どちらも真菌といってカビの仲間になります。

 

カビなので汚れが多く、湿気の多い場所を好みます。

またカンジダ菌に関しては、免疫力が弱ると発症する菌です。

 

どちらも気づかないうちに悪化する場合も 🙄 

いつもと違う、変だなと思ったらすぐに医療機関にいくことをお勧めいたします!!

 

このような爪の症状がみられたら
  • 爪の色が悪い
  • 爪が分厚くなってきた
  • 巻き爪が進行してきた
  • 爪下がボソボソしている

 

上記のような症状がありましたら一度ご相談くださいませ。

適切な判断とケアをさせていただきます。

 

本日もブログも見ていただきありがとうございました。