魚の目かと思っていた…

2022年05月28日

 

こんにちは(^▽^)/

本日は魚の目かと思いきや、実はイボだったというお話です。

 

角質の種類

まず当店で扱う角質はタコか魚の目がほとんどです。

たこ(胼胝)とは皮膚の表面に硬く存在するもの

魚の目(鶏眼)とは芯があるもの

どちらの種類もお痛みを伴う方もいらっしゃいます。

ただ中には「出っ張っているこの魚の目が痛いんです」とおっしゃる中に「イボ」の方もいらっしゃいます。

 

では魚の目とイボの違いとは?

魚の目とイボの違い

That’s 魚の目は角質イボはウイルス性のできものです。

ウイルス性という事は、感染します。

なので一つできると違う場所にもできたり、または人に移すこともあります。

 

イボの特徴は?

我々は医者ではないので診断はできませんが、特徴として

①赤点・黒点がある

ただし魚の目でも圧迫による内出血が見られる場合もあります。

②ぼそぼそしている

魚の目は硬い角質がもりあがっていますが、イボは表面がぼこぼこしている事が多いです。

 

ただし色々な種類のいぼがありますので一概には言えません

イボはどこで治す?

イボは皮膚科へLet’s go!

水虫同様、ご家族にも移すものになりますので怪しいなと思ったらすぐに病院へ行くことをお勧めいたします。

 

YouTubeでも詳しく紹介しております♪

http://

 

 

 

ありがとうございました。