教えて巻き爪先生!~あなたの爪で健康チェック~

2022年06月11日

皆さんこんにちは

東京巻き爪補正店グループです

いつもブログをお読み頂きありがとうございます

【爪は健康のバロメーター】ってよく耳にしませんか?

そうなんです!爪は健康の鏡です!爪から健康状態が分かります!

爪の基礎知識、健康のバロメーター、爪の健康チェックについてお話していきたいと思います

 

●爪の構造 

爪は髪と同じタンパク質の一種、ケラチンで構成されている皮膚の一部です。皮膚の角質が変化して硬くなったものです。一般に爪甲(そうこう)を爪と呼んでいますが、爪甲は爪母(そうぼ)で作られ、爪床(そうしょう)に向かって伸びていきます。爪の根元の白い部分を爪半月、爪の周りを爪郭(そうかく)と言います。

 

●爪は健康のバロメーター

爪のすぐ下には血管が通っているので、健康な爪の状態だと毛細血管の色が透けて見え、薄いピンク色で潤いのある爪をしています

もし形や色の変化を生じていたら体調不良、栄養不良など何らかのサインの可能性も

★勿論、爪だけでは判断できませんが、普段から意識して爪のチェックをする習慣をつけると疾患の早期発見にもつながります★

 

【横筋がある】 血流が悪化して一時的に爪の発育が止まると起こる

・栄養障害、ストレスが原因のことが多い

・間違った爪の手入れやきつい靴など爪母を傷つけたり、高熱をだした時

・浅くて太い溝の場合、糖尿病の悪化の可能性

 

【縦筋がある】

・白っぽい縦筋は栄養不足、乾燥、加齢、睡眠不足、過度のストレスなど

※黒っぽい線の場合は悪性の疾患の可能性も考えられるため、自己判断ではなく皮膚科などの医療機関へ相談することをお勧めします。

 

【爪の色の変化】

白い色

鉄欠乏性貧血や低色素性貧血の疑い

白濁

肝硬変や腎不全、糖尿病などの疑い

 

赤っぽい色

脳血栓、心筋梗塞、糖尿病、多血症などの疑い

 

黒紫っぽい色

悪性貧血、腎臓病、肺疾患、膠原病などの疑い

 

黄色っぽい色

爪甲剥離症、爪白癬などの疑い→白濁または黄色

 

緑っぽい色

緑膿菌などの細菌感染の疑い(グリーンネイル)

 

身体や心の状態でこんなに爪の色って変化するんですね!

 

【爪の形の変化】

◊巻き爪や陥入爪

 放置すると痛みと炎症増悪と皮膚状態の悪化

◊スプーンのようにそっている

 鉄欠乏性貧血や甲状腺疾患が疑われる

◊点状の凹みが複数ある

 乾癬などの可能性

 

●日頃の爪ケアの必要性 

巻き爪補正店では巻き爪補正中のお爪だけではなく、全ての爪の状態(形、色、二枚爪、厚い爪など)皮膚の状態、足裏の状態、足のアーチの形状、足首の関節の状態、基礎疾患の有無(腎臓病、糖尿病、心疾患治療薬内服中)なども含め、一人一人の症状を観察し、日頃のケアも含めたアドバイスをしております。また必要に応じて医療機関受診への促します。

『皆さまが健康な足と健康な身体と心で生活していくために』

私たち【巻き爪補正店グループ】はいつも寄り添える技術者であるように心がけております。

 

本日は『爪から分かる健康のバロメーター』についてお話させて頂きました。

最後までお読み頂きありがとうございます

また皆さまへお役に立てる情報を発信していきたいと思います

ではまた!(^^)!