自分でできる!?巻き爪のセルフケア

2022年06月11日

 

こんにちは!

東京巻き爪補正店でございます!

 

本日は巻き爪のセルフケアについてお書きします。

最近は自分で巻き爪を治すためのワイヤーやテープなど

販売されており、ご自身で巻き爪ケアをされている方も増えています。

 

しかし、デメリットも多く、

 

・いつのまにか取れてしまう

・着けている間は痛みが和らぐが、取ると元通りになってしまう

・治るまで長い年月がかかる

・見た目が目立つ

 

などが挙げられます。

 

ですから巻き爪のセルフケアは

 

・病院や専門店に行く時間が無い方

・軽度の巻き爪の方

・応急処置がしたい方

 

には向いております。しかし

 

 

・巻き爪をきちんと治したい方

・中度~重度の巻き爪の方

・補正中もきれいな見た目が良い方

 

などは当店でのプロの手による巻き爪補正がおすすめです(*^^*)!

 

とは言ってもなかなか忙しく、病院や専門店には

行けないという方におすすめのセルフケア方法を3つご紹介します☆

 

1つ目は正しい爪切りをすることです。

基本的に足の爪はスクエアオフで、指先と同じ長さに切るのが望ましいです。

爪の角を切り落としてしまったり、深爪、伸ばしすぎは

巻き爪の大きな原因となりますので、おすすめしません。

角は切り落とすのではなく爪用のヤスリで少し丸める程度にしましょう。

 

2つ目はテーピング法です。

巻いている爪のサイドの皮膚をテーピングで下げることにより痛みを軽減します。

市販のシアテープが良く伸びるのでおすすめです。

シアテープでは汗で剝がれやすいという方はキネシオテープでも代用可能です。

 

3つ目はコットンパッキング法です。

巻いている爪と皮膚の隙間にコットンを挟み、クッション替りにすることで痛みを軽減します。

慣れるまで少し大変ですが、巻き爪によって炎症してしまった皮膚を

早く治すのにも有効な方法です。

 

これらの詳しいやり方は【巻き爪王子の足チャンネル】で

詳しく説明しておりますので、是非ご覧ください(*^^*)

 

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました☆