爪を長くし過ぎると「巻き」が助長します!!

2022年07月10日

巻き爪補正店Group

本日もブログを見ていただきありがとうございます。

今回の内容は「爪を長くし過ぎると「巻き」が助長します。」について解説していきたいと思います。

「巻き爪は爪を長く伸ばしてください!」

巻き爪でお困りの方は一度このように言われた事やネットなどに記載されて見た経験はありませんか?

実はこの内容は間違っているのです。

爪はそもそも伸ばし過ぎると巻く構造にあります。

なぜ巻くのか?

爪が伸びる部分は爪と皮膚がくっついてる部分が伸びるのではなく、

爪が皮膚から離れた「白い」部分がのびるのです。

この赤丸の部分の事を「爪先(そうせん)と言います。

爪先が白い理由として皮膚から「水分」「養分」の供給が途絶えてしまった結果、乾燥し、白い状態となります。

乾燥

爪はそもそも巻く構造にありますが、乾燥が進行すると巻きが助長する傾向もあります。

ですので、年齢が上がるにつれ爪の乾燥が進行し、巻き爪になるケースは高いのです。

また、年齢以外でも乾燥が進行する冬の季節は比較的巻き爪になりやすい特徴があります。

爪を伸ばし過ぎると、、、

爪を伸ばし過ぎると白い部分(乾燥している部分)の面積が増えます。

乾燥してる爪面積が増える事で巻き爪の進行を早めてしまい、

結果、巻き爪を助長してしまうという事です。

なぜ?長くのばせと言うのか?

それは「深爪」が巻き爪になる原因だからです。

爪切りの際に深爪をする方は非常に多く、深爪を繰り返してる事で少しずつ巻き爪になってしまうのです。

深爪は巻き爪の原因、だから巻き爪に方は爪を伸ばしてください。

という事でこのような情報が流れてしまっているのだと思っております。

爪は短か過ぎず、長過ぎずが理想

爪は適切な長さに保つ事が重要

巻き爪ではない方も巻き爪の方も「爪の長さを適切な長さ」に保つ事で

巻き爪の予防に繋がりあますし、巻き爪の助長を防ぐ事もできます。

適切な爪の長さをYouTubeでご紹介しておりますので是非ご覧ください^^

本日は「爪を長くし過ぎると「巻き」が助長します!!」についてお伝えさせていただきました。

日々の爪切りは非常に大切!

意識して爪切りを行うだけでも結果は出ますので是非やってみてくださいね^^

また、現在巻き爪の方は正しい爪切りをしても爪が平らになる事はないので、

巻き爪補正をし、平らになった後に爪切りを意識しながら行う事で再発予防に繋がります!

巻き爪でお困りの方はご相談ください

 

本日もブログを見ていただきありがとうございました^^

あなたの街の巻き爪補正店Group